2019-06-12 12:00:41

プレスリリース:T-ICU、取締役に大嶽浩司教授就任(昭和大学病院副院長兼eICU室長) 早田和哲取締役CMO、ニック・バルア取締役も就任



今月付で大嶽浩司氏が当社 取締役の就任が決まりましたことをお知らせします。大嶽氏は昭和大学病院のeICU室長として日本初の遠隔集中治療を2018年4月より実施しています。今回の大嶽氏の取締役就任によりアカデミック初の大嶽教授と事業会社初の当社とが遠隔集中治療普及に向けて、強力タッグを組んで推進していくことが期待されます。

併せて、早田和哲氏およびニック・バルア氏も当社取締役に就任することが決まりました。早田氏は、アストラゼネカ社在籍時に、多くの病院のICUを訪問した経験と、マーケティングの経験から、当社のCMO(最高 マーケティング責任者)としてマーケティング機能の強化を指揮します。バルア氏は豊富な海外経験と、そこから培った人脈など当社海外展開の水先案内人的な役割を期待しています。

【略歴】
◆大嶽浩司 博士(おおたけひろし)



東京大学医学部卒業
セントビンセント病院(オーストラリア) 心臓・胸部麻酔フェロー
国立小児医療センター(アメリカ) 小児麻酔フェロー
ジャクソン記念病院/マイアミ小児病院(アメリカ) 小児麻酔フェロー
シカゴ大学ビジネススクールMBA課程卒業
マッキンゼー・アンド・カンパニー 経営コンサルタント
帝京大学医学部 国際教育研究所 准教授/麻酔科兼任
自治医科大学 地域医療政策部門 准教授/麻酔科兼任
昭和大学医学部麻酔科学講座教授(現職)
昭和大学病院副院長兼eICU室長(現職)

世界麻酔学会 規約委員
国際麻酔研究学会 理事
日本麻酔科学会 常務理事
臨床麻酔学会 理事
遠隔ICU調査研究ワーキンググループメンバー
日本小児科学会 医療安全委員会 委員
日本小児麻酔学会 理事
全国医学部長病院長会議 大学病院の医療事故対策委員会 委員
日本医療安全調査機構 医療事故調査・支援事業運営委員会 委員
東京オリンピック・パラリンピックに係る救急災害医療 体制検討合同委員会 委員

 

◆早田和哲(はやたかずあき)

関西大学 社会学部産業心理学専攻
英国ウェールズ大学MBA

アストラゼネカ株式会社
クインタイルズ・トランスナショナル・ジャパン株式会社
Veeva Japan 株式会社

 

◆ニック・バルア 博士

イェール大学(宇宙物理学)
ハートフォードシャー大学Ph.D

NASA (宇宙物理学者)
Microsoft Corporation (ソフトウェア開発)
Max Mara (デザイナー)
神戸情報大学院大学 事業開発室室長(現職)
スウィフト・エックスアイ株式会社 最高戦略責任者(現職)

 

« 戻る