株式会社T-ICUの業務内容ご紹介

遠隔集中治療支援

集中治療の質向上 医師・看護師の業務負担軽減

重症患者に対する治療は、呼吸・循環管理、感染症管理、鎮静・鎮痛、せん妄の予防や治療など、全身管理が必要です。これらを24時間体制で遠隔モニタリングし、早期に的確な治療方針を提案することにより、重症患者を早期回復へと導くとともに、現場の医師、看護師の負担軽減を図ります。
遠隔集中治療支援システム(T-ICU)についてはこちらをご覧ください。

集中治療スタッフトレーニング(教育)

医療スタッフの知識向上 モチベーションアップ

早期に的確な治療が求められる集中治療室では、医師だけでなくその他の医療スタッフの協力も不可欠です。鎮静や鎮痛、医療安全など、医師の立場から必要な知識を教育することにより、医療スタッフの知識向上とともに、モチベーションアップにもつながります。

集中治療環境整備

職場環境の改善 労働環境の整備

集中治療に必要な医療設備、器具の選定や見直し、施設基準、診療報酬点数の確認など、救急・集中治療部門(ER,ICU,CCU)の様々な改善点をご提案します。また、救急・集中治療部門の立上げや、新規施設立上げなどにも対応します。